teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:15/778 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

エントラントのほうも選びますよ

 投稿者:はま  投稿日:2018年 1月29日(月)19時11分7秒
  通報 返信・引用
  今回の部会の決定は昨シーズンとポイントのつけ方は一緒ということでした。(来年に向けて対策を考えるとなりましたが)
この決定の前にすでにJMRC東北選手のJMRC東北ラリーシリーズ離脱の動きがあったので、選手の希望が通った場合でも台数の減少は避けられないでしょう。
関東からの東北戦への台数を増やしても肝心の東北選手が減るでは意味が無いと思います。
メダル代と賞品代をケチってエントラント減らすって…

レベルが低く醜い争いでも、東北の選手にとっては楽しみであり目標でもあった東北ラリーシリーズの表彰式。
同じようなレベルで争うのが楽しかったから、壊れたら無理してでも次までに間に合うよう直すし、高騰する参加料も競技後の現地放り出しもスゲー悪路も我慢してシリーズを追ってきたんですが、
地区戦の選手を入れたら、東北選手はみんな若くないんだから自分がどのくらいか、成長の伸びしろがあるのか、ちょっとで追いつけるレベルなのか、金かけて車をどうにかしなければ追いつけないのかわかるわけで、
ランキングは箸にも棒にもかからんとなると、もうシリーズは追わないで楽しんで走れる大会に参加しようとなります。
そうなったとき東北戦を選ばなければならないという理由はどこにもないわけで、例えば参加料6万で土曜の朝に集合、夜解散の大会の場合、金曜に仕事休んで前泊して、終わって後泊してを考えるとクルーで10万+交通費なんです。
北海道行けば金曜の夜フェリーに乗って月曜仕事休んでエントリー費3万、船中泊往復4万、土曜日宿泊2万の合計9万+交通費となります。
東北の主催者は選手側がシリーズポイントなんぞかんけーねー、自分が楽しんで走れればいいんじゃーとなった場合、自分とこが選んでもらえると思っているのかな?
なお間違っても関東に走りに行くやつはいないです。
東北の選手はガーって行って、ズザーってやって、バーってという気持ちイーがしたいので。

東北ラリーシリーズは高齢化、参加数の減少から選手がいなくなるのが先か、主催者がやめるのが先かのチキンレースの様相を呈してましたが、東北選手の海外流出で選手がいなくなるが先の気がしてきます。
去年から宮城の部会員や私も今の制度はダメでしょと意見は出していますが変わりません。
レベルを合わせるために他地区のJMRC戦を参考に地区戦の3位以内は3年間JMRC戦のポイント圏外としては?は事前打ち合わせで却下。
地区戦ついでに東北戦のポイント付与なしにしても却下。
あとは他地区からの参加を抑制。それでも走るんだったらという場合これも他地区のを参考するとJMRC地区以外の選手の参加料を大幅アップ(1名3000円、クルーだと6000円、そして互助会費クルー分で合計8000円)とかありますが、
まあラリー部会員に東北戦の参加台数が減るぞ!壊滅的だぞ!どうしよう?っていう危機感はさそうなのでもうどうにもならんかな。
主催者や部会員と選手達と話す機会がないというわけではないと思うのだけど、選手も遠慮して言わないのかな?
俺に言われてもなぁ(笑)

私自身もういいや、北海道いいかもの離脱派なので、もう東北戦は地区戦のグラベルシリーズにして部会は縮小、規則とかポイント集計とかHPは地区戦担当者に移行すればよくないか?と思ってます。
JMRC東北選手のいない少ないのJMRC東北ラリーシリーズなんて意味ないじゃん。
 
 
》記事一覧表示

新着順:15/778 《前のページ | 次のページ》
/778